So-net無料ブログ作成
広告


外部ブースター追加編:東京スカイツリーから送信が開始された『TOKYO MX』の受信に挑戦してみた@東京都西部地域 [電化製品]

先日、「東京スカイツリーから送信が開始された『TOKYO MX』の受信に挑戦してみた@東京都西部地域」を紹介しましたが、『TOKYO MX』は、やはり他のチャンネルと比べると、送信出力が小さい為、雨の日は受信が不安定になりました。

そこで、やはり、安定受信の為、外部ブースターをアンテナ側に設置することにしました。

購入したのは、
DXアンテナ UHF帯用ブースタ BU33L1B  1台と、
PLANEX F型ネジ固定式アンテナケーブル 1m PL-ANTF01 2本
です。



ブースターは、電気屋さんでみると、1万円近いお値段ですが、ネットで捜すと安いものがありました♪

到着して、開梱!♪
antena-20121028-1.jpg


まずは、室内側に、電源ユニットを設置・・・左が今回購入したブースターの電源、右側が、アナログ時代からあった、室内ブースターです。
antena-20121028-2.jpg

埃っぽいですね。すみません^^;・・・

最初、屋外のブースターを取り付ける前に、アンテナがつながった状態で、外からのケーブルを接続すると、電源ユニットのランプが消えました^^;
説明書を見ると、経路がショートしていると、保護のため、電源供給を止めるようになっているようです・・・orz
よくよく考えたら、外はアンテナ直結・・・直流的には、低抵抗でショート状態と判断されたのかもしれません。 一旦、ケーブルは外して、外のブースター設置をすることに・・・

antena-20121028-3.jpg

ブースターをベランダの柵に取り付けました。
左側のキャップは、VHF入力部ですが、当然、未使用で、キャップをかぶせているだけです。
その右隣が、UHFアンテナ側からの入力部です。一番右側が、TV側になります。

この後、室内のケーブルを接続すると、電源ユニットのランプは消えなくなりました♪
よかったよかった^^

さて、それでは、アンテナ側ブースターの効果を確認してみましょう!


さて、まずは復習からw・・・

今回のブースター設置前の状況ですが、室内ブースターを使用した状態で、アンテナの受信レベルは、
日テレが55レベル程度、『TOKYO MX』は40レベル程度でした。

外部ブースターの利得は最大(35dB)としてあります。まずは、室内ブースターを繋げたまま試してみましたが、受信レベル0!?・・・利得が高すぎて飽和しきってしまったようですね。
最終的には、室内ブースターは意味がなくなってしまったようですので、取り外しました。

で、結果です・・・
TOKYO MX』は、なんと、50レベル程度まで上昇!安定受信領域ですね♪
antena-20121028-4.jpg


日テレに至っては、60レベル程度迄上昇しています♪
antena-20121028-5.jpg


今迄、天気の悪い日には、たまにチャンネルによってはブロックノイズがちらほらと入ったりすることがありましたが、これでもうその心配もなくなりそうです♪

さて、ここまで来ると、新たな野望が・・・
このブースター出力を、アンテナ端子に繋げば、他の部屋のアンテナ端子にも供給されないか?
もともと屋根のアンテナ(VHFのみ)から、天井の分配器経由で、各部屋のアンテナ端子に分配されているんですが、逆流できれば、他の部屋でも恩恵が受けれるかもしれません。

機会があれば試してみたいと思います。


それでは、また。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1



Powered by Ayapon RSS! オススメ ホームページ制作 ウェブデザイン

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。