So-net無料ブログ作成
広告


電化製品 ブログトップ
前の10件 | -

充電ができなくなったAndroidタブレット「IdeaPad Tablet A1」は復活するのか!?^^; [電化製品]

私が現在使っているタブレットは、レノボ・ジャパンの「IdeaPad Tablet A1」です。
購入したのは約2年前の、2011年秋でした。
その時のレポは、こちらです。

思えば、このタブレットを購入する前は毎日PCを起動していたのですが、元々平日はゲームをする時間も取れなくなってしまっていたので、もっぱら、ウェブブラウジングや、ブログの更新をしていたのですが、タブレットを購入してからは、平日はPCを起動することは激減し、もっぱらタブレットでのウェブブラウジングという生活に変わってしまいました。

Youtubeで観れない動画が多かったりと、いろいろと不満な点も無いわけではありませんが、けっこう重宝していました。 ところが、最近、充電がうまく出来ないというトラブルが起こってしまったのです。
充電は、USBケーブルを接続して行うのですが、ケーブルを接続しても、充電ランプが点いたり点かなかったりと不安定な状態・・・それがだんだんひどくなり、最後には、ケーブルを挿した状態で、ディスプレイ面を上にして、コネクタの下にものを置いてコネクタを上向きにテンションをかけないとランプが点かなくなってしまったのです。 どうやら、コネクタ部分の接触不良が起きているのだろうと推測し、分解して確認してみることにしました。

まずは、分解前の状態・・・
IdeaPad-a1-20130831-01.jpg


裏蓋は、側面の境界面に小さなマイナスドライバーを入れて、少し力を入れると、プラスチックのフックが外れて、「パシン」という感じで外れます。いっぺんには外れませんので、少しずつ、場所を動かしながら、一周回って外します。

外した状態がこちら・・・
IdeaPad-a1-20130831-02.jpg


まじめに分解したいという方は、下記動画2点をご参考に^^ どちらも日本語ではありませんが、よくわかります。




さて、お次は、グレーの内蓋を外します。 まずは大量にあるネジを外します。細いプラスドライバーが便利です。特殊なネジではありません。内蓋は側面がプラスチックのフックで止まっているので、周辺部の隙間にドライバーを差し込んで、慎重に外します。 外れたら、内蓋にはスピーカーが繋がっているので、そのコネクターを外します。
IdeaPad-a1-20130831-03.jpg


内蓋が外れて、基板がむき出しになりました^^
IdeaPad-a1-20130831-04.jpg


さあ、ここからは慎重に作業を進めます^^;


続きを読む(うまく復活できたのかね?^^;)


さらばリアプロ「ソニー BRAVIA KDF-42E1000」!こんにちはSmart TV「LG 47LM7600」 [電化製品]

我が家のテレビは、約7年前に購入したソニーのリアプロTV「BRAVIA KDF-42E1000」でした。
リアプロといえば、気になるのがランプ交換ですね^^;
私の今までの記録は、こちらにて紹介していますが、今まで5個のランプを購入しました。
ラスト2個は純正ではなく、安かった、並行輸入品(メキシコ産)だったのですが、購入直後から、いつもなら感じられる光量アップがあまり感じられないような気がしました。
4回目の交換ランプは、まだ切れる前だったのですが、光量が低いのが気に入らず、一度取り外してみてみると、亀裂が入ってたので、2013年03月17日 5回目の交換をしました。 これで、新規ランプのストックはなくなりました^^;
光量はあまり変わらず、やはり暗いまま^^;
そのまま使い続けていたのですが、先日、2013年07月10日、帰宅すると、「TVがつかなくなっちゃった^^;」とのこと・・・新しいランプの買い置きは無かったので、一度外していた4回目のランプ(亀裂が入っているもの)に交換してみると、無事つきました^^;
たまたま個体差だったのかもしれませんが、5回目の交換ランプは、事前警告もなく、4ヶ月弱での寿命となったわけですね^^; リアプロの場合、予備ランプのストックがないと、いざという時テレビが見れなくてどうしようもなくなってしまうのですが、互換ランプには懲りたし、そろそろ買い替え時かな~と考えたわけです^^

今のサイズは42型、これより小さくなるのは悲しいので、これ以上のサイズで10万未満を予算として、電気屋さんに向かいました・・・ いろいろと見て回った結果、アウトレットセールで売られていたLG製「47LM7600」の購入に至ったわけです。
LG_47LM7600_CM.jpg

台座が金属製っぽく見えますが、樹脂製でしたw

Amazonでも購入できますね^^

5年保証つきで10万未満で購入できました♪ 40型だったら、もっと安く購入できたんですけどね^^; 後戻りはできませんw
困ったのが、リアプロの処分・・・お店の人によると、リアプロは家電量販店での下取り対象外となっていて、自分で引き取り手配しないとならないとのこと。 家電リサイクル法の対象外となっているそうです・・・orz
リサイクルセンターで引き取ってもらうことになりそうですが、一旦、床の間に鎮座してもらいました^^;

さて、購入の翌日、ぎっくり腰にならないよう、注意をしながら、リアプロTVをなんとか一人でダッシュボードから降ろし、床の間に移動しました。 その後、ダッシュボードの裏に溜まった埃を掃除・・・
配達迄には受け入れ態勢ばっちりとなりましたが、汗だくになりました^^;

設置後の記念写真↓
LG_47LM7600.jpg

選挙期間なので、特番・・・一応モザイク掛けましたが、目を細めたら誰だかわかりそうですねw

このTV、3D対応もしており、眼鏡が2個ついてました^^ 太っ腹っと思いましたが、偏光めがねタイプのもので、シャッター方式ではありませんでしたね。 2D→3D変換機能があったので、ちょっと試してみましたが、飛び出す絵本的な立体感を感じることが出来ましたw
また、ゲームj用の眼鏡もついており、これは、2プレイヤー用の分割画面を、2人用それぞれにフル画面で見れるようにしてくれるものだそうです。 ためしに普通の3D用眼鏡を掛けてそのモードにしてみると・・・気持ち悪くなりましたwww

ちなみに、リモコンも2個あり、通常タイプのものと、Wiiリモコンのような、ジェスチェア認識タイプのようなものがありました。 

まだまだ、使いこなせていませんが、徐々に機能を把握していきたいと思います。

それでは、また。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ようやく・・・我が家の全居室、地デジ対応完了! [電化製品]

さて、ひさしぶりに「トゥームレイダー」以外の話題ですw

以前、こちらこちらで紹介したように、我が家の地デジ試聴環境は、ベランダに後付したアンテナをブースターを経由して、エアコンの取り付け口を通して、リビングのテレビに直結していました。

元々、屋根にはアンテナが設置されており、分配器を経由して、2階3部屋、1階2部屋にアンテナコンセントが設置されているのですが、アンテナはVHF用のみで地デジ対応はできていませんでした。
まあ、リビング以外にテレビは繋いでなかったので特に問題は感じてなかったのですが、いつかは全居室地デジ対応をしたいとは思っていました。
今回、思わぬところで、そのチャンス?がやってきたのです♪

実は、我が家の屋根の棟包み板の木材が傷んでいることがわかり、スレート葺も傷んできているので、ビフォーアフターでもよく聞く「ガルバリウム鋼板」に貼り替える(実際には上にかぶせる)こととしました。
その際、アンテナを撤去してもらい、ケーブルをベランダに降ろしてもらったのでした。
このケーブルをベランダに設置した地デジ用アンテナに繋げば、全居室地デジ対応完了ということに!♪

それでは、まず我が家の間取りを晒しましょうw
antena-20130511-01.jpg
我が家の居室は2階が3部屋、1階が2部屋、いわゆる4LDKというものですね。
2階屋根裏に、アンテナからのケーブルが分配器から、合計5部屋のアンテナコンセントに分配配線されています。

以前、屋根裏に登って確認した時の写真です↓
antena-20130511-02.jpg


近づいてみると・・・
antena-20130511-03.jpg
分配器からは合計で4本のケーブルが接続されています。

更に近づくと・・・
antena-20130511-04.jpg
アンテナに行く1本と、各部屋に行く3本になっていますね↓
分配器は、パナソニック(松下電工)の「TY-DA733CG」という、BS対応の3分配器でした。
我が家を建てた時には、アナログBSしか無い時代です^^; 使われているケーブルの種類は写真では見えませんが、シールドにアルミ箔も使われており、「S-5C-FB」だったと思います。 そのままいけそうです。
問題は、アンテナ側に設置したブースターへの電力供給ですね^^; 分配側が3本、分配先が5部屋なので、3ブロックの内2部屋がカスケード接続になっていると思われます。 3ブロックの内、アンテナコンセント側から、アンテナ側に直流電流を通過してくれるのは1ブロックのみ・・・普通に考えれば、リビングでしょう!と思い込んでいました。

ちなみに分配器を開いてみると、↓の様になっています。
antena-20130511-05.jpg
ネジ止めとなっているので、万一予想が外れても、変更できそうですね^^
予想では、リビングに「出力1」、2階の洋室2部屋に「出力3」、2階と1階の和室に「出力2」が行っていると想定しました。

リビングのテレビコンセントを念のため確認↓
antena-20130511-07.jpg
松下電工(現パナソニック)の「WN3063(ターミナル用)電流通過型」となっています。ケーブルも1本しか繋がっていないので、この先には分岐していません。まず間違いないでしょう^^

今迄、リビングに直接接続していたケーブルコネクタをブースターから外し、取り外した屋根のアンテナにつながっていたケーブルに、新たにF型コネクタを取り付けて、ブースターに接続しました^^ 
antena-20130511-06.jpg
これで、リビングのテレビコンセントに、ブースター用電源ユニットを経由してテレビのアンテナ入力を繋げれば、全居室にブーストされた地デジ電波が届くはずです♪・・・

続きを読む(うまくいったのかね?^^;)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

8mmビデオテープからPCへの映像データの取り込み②:3年半越しの作業終了w [電化製品]

前回記事は、「8mmビデオテープからPCへの映像データの取り込み①:故障したビデオカメラSONY CCD-TR900の復活編
なんと、2009/04/19・・・3年半以上も前の事になります。

上記記事の後、8mmビデオの動画をPCに取り込む為に用意したツールは、Princetonの「PCA-DAV2 デジゾウシリーズ デジ造映像版」でした。 この製品自体は既に販売終了となっており、現在は、後継機種がでているようです。

なぜ、初回記事から今回の記事迄、3年半以上の間隔があったかというと、上記ツールでのトラブルがあったからですw
そのトラブルはというと、テープが古いせいなのかもしれませんが、「ビデオ信号を検出できません」というエラーが 頻繁に出てしまい、一本、放置しながらの取り込みができないということです。
最初順調でも、途中でエラーが出てキャプチャが終了してしまうのでした。

何度も試しても、同じ事の繰り返しとなり、めげてしまい、取り込み作業を諦めてしまい、数年が経ってしまいました^^;

VIDEO20121230-01.jpg


続きを読む(で、なんで今頃?)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

リアプロTV ソニー BRAVIA KDF-42E1000 4度目のランプ交換・・・まだまだ現役ですw [電化製品]

以前から、何度か紹介していますが、我が家のTVは、42インチリアプロTV:ソニーのBRAVIA KDF-42E1000です。
BRAVIA KDF-42E1000.jpg


購入したのは、2006年5月・・・6年半程使い続けています。
過去の関連記事は・・・↓
2008/9/15記事(光学ブロック交換)
2010/04/13記事(2回目のランプ交換)
2011/11/04記事(3度目のランプ交換)
となっています。

前回の交換は、昨年、2011/11/03で、まだ1年過ぎたばかりだったのですが、今週、月曜日に会社から帰宅すると、TVがついていません。どうしたのかと思ったら、「突然消えた!」とのこと^^;

2012/11/19・・・1年と半月で寿命となってしまいました^^; 
今回も、ランプ交換を促すメッセージ(8000時間を越えるとでる)が出る前にお亡くなりになってしまいました・・・orz

幸い、1ヶ月程前に、予兆らしきものがあったので、交換ランプを購入済みだったのですが、メ
カが苦手なかみさんは、私の帰宅まで待っていたのでした^^;

ほんとにランプ切れかな~?と一抹の不安を感じながらランプを交換・・・ちょっと、ひっかかりがあって、手間取りましたが、無事交換終了、映像は復活しました♪

今までは、純正品の交換用ランプを購入していたのですが、だんだんネットでも取扱店が少なくなって来ました。 また、純正品はお高いので、今回は、互換品を取り寄せてみました^^

私が購入した頃は、4,800円でしたが、なんだか更に安くなっていますね^^;
私が購入した値段でも、前回純正品を購入した時の1/3の値段ですが、今なら1/4ですね^^;
私は2個購入してました。
このランプ、並行輸入品と書いてあり、メキシコ製でした^^;
ちょっと心配でしたが、ひとまず無事、取り付けできたのでなによりですw

役目を終えたランプ・・・記録として保存w↓
KDF-42E1000-20121119-1.jpg

続きを読む(今までの交換履歴を再確認してみる)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

LED電球を初めて購入してみた・・・シーリングライトより遅れたけどねw・・・ [電化製品]

我が家では、夏に、キッチンの照明をLEDシーリングライトに交換したことを、以前紹介しましたが、LED電球については、まだ試したことがありませんでした^^;

だいたい、かみさんが、予備の電球を買ってあったので、LED電球を購入する機会がなかなか無かった理由ですw

それまで使っていたのは、電球型蛍光灯が主で、白熱電球タイプのものは、蛍光灯の常夜灯ぐらいのものでした。つまり、交換の頻度も頻繁ではなかったのです・・・

で、先日、風呂の掃除をしていた時に、照明が一瞬ちかっとしたかと思ったのですが、その時は一瞬だけのことで、特になんともなかったのですが、数時間後、いつの間にか、消えてしまっていました。 寿命を示す前兆だったのですね^^

既に、時刻は夜・・・「買い置きあったかな?」と探してみたののの、買い置きの電球はありませんでした^^;

仕方がないので、階段の照明用電球を一時的に、風呂場に移動して、凌ぐことに^^;

その後、せっかくなので、LED電球を購入してみることにしました。

ネットでいろいろ検索してみたのですが、安いものは40W相当のものが多い感じでした。
どうせなら、お風呂場も明るい感じがいいと思ったので、60W相当のものを探して、選んだのが、こちら↓

ファイア・ディ株式会社の LEDecade ILA9N1 ILA9N1というもの。
税込で、1,500円程度で購入できました♪

LED-DENKYU-01.jpg

密閉器具対応となっていますので、お風呂場でも安心ですね^^

他の仕様は、
・サイズ:12.7×直径6.5cm
・質量:130g
・素材・材質:ポリカーボネート(発光面)、アルミニウム(放熱器)
・生産国:中国
・消費電力:8.5W
・保証期間:3年
・全光束:850ルーメン
・製品概要・仕様:口金:E26、光源色:昼白色、演色指数(Ra):70、配光角度:210°
・設計寿命:50000時間
となっています。


箱を開けてみると、ご丁寧にも保証書が入ってましたよw
LED-DENKYU-02.jpg

保証期間が3年というのが、ちょっと残念ですけど、設計寿命が50,000時間ということは、24時間点けっぱなしにしても、6年近い期間です。1日12時間点けるとすれば、12年・・・果たしてそこまで持ちますかね・・・?

さっそく、風呂場の電球を交換・・・
LED-DENKYU-03.jpg

さすがに、60W相当だけあって、今までより明るくなりました♪

ちなみに、交換前の電球型蛍光灯の消費電力は12Wで、この製品は8.5Wですから、以前より省エネです♪

続きを読む(この後・・・事件?ですw)


タグ:LED電球
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

外部ブースター追加編:東京スカイツリーから送信が開始された『TOKYO MX』の受信に挑戦してみた@東京都西部地域 [電化製品]

先日、「東京スカイツリーから送信が開始された『TOKYO MX』の受信に挑戦してみた@東京都西部地域」を紹介しましたが、『TOKYO MX』は、やはり他のチャンネルと比べると、送信出力が小さい為、雨の日は受信が不安定になりました。

そこで、やはり、安定受信の為、外部ブースターをアンテナ側に設置することにしました。

購入したのは、
DXアンテナ UHF帯用ブースタ BU33L1B  1台と、
PLANEX F型ネジ固定式アンテナケーブル 1m PL-ANTF01 2本
です。



ブースターは、電気屋さんでみると、1万円近いお値段ですが、ネットで捜すと安いものがありました♪

到着して、開梱!♪
antena-20121028-1.jpg


まずは、室内側に、電源ユニットを設置・・・左が今回購入したブースターの電源、右側が、アナログ時代からあった、室内ブースターです。
antena-20121028-2.jpg

埃っぽいですね。すみません^^;・・・

最初、屋外のブースターを取り付ける前に、アンテナがつながった状態で、外からのケーブルを接続すると、電源ユニットのランプが消えました^^;
説明書を見ると、経路がショートしていると、保護のため、電源供給を止めるようになっているようです・・・orz
よくよく考えたら、外はアンテナ直結・・・直流的には、低抵抗でショート状態と判断されたのかもしれません。 一旦、ケーブルは外して、外のブースター設置をすることに・・・

antena-20121028-3.jpg

ブースターをベランダの柵に取り付けました。
左側のキャップは、VHF入力部ですが、当然、未使用で、キャップをかぶせているだけです。
その右隣が、UHFアンテナ側からの入力部です。一番右側が、TV側になります。

この後、室内のケーブルを接続すると、電源ユニットのランプは消えなくなりました♪
よかったよかった^^

さて、それでは、アンテナ側ブースターの効果を確認してみましょう!


続きを読む(どれぐらいの効果があったの?)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

東京スカイツリーから送信が開始された『TOKYO MX』の受信に挑戦してみた@東京都西部地域 [電化製品]

それは、娘の質問から始まりました・・・9月末のある日、「家って、『TOKYO MX』映らないの?」との一言から・・・
私はあまり気になってなかったのですが、『TOKYO MX』はアニメ等が多いらしく、見れない環境の娘は、見れる環境の友達からは意外に思われているとのこと。娘の学校は我が家より都心に近く、学校の友だちは見れる環境の人が多いようです・・・orz

TOKYO MX』とは、東京都が対象のローカルTV局で、東京タワーからの電波の出力は、他のチャンネルの送信出力が10kWなのに対して、3kWと小さく、我が家は受信エリアから外れていたのでした。

チャンネルは9chですが、TVのリモコンのチャンネルを押しても、「電波強度が低くて受信できません。」とのメッセージ。 試しに、受信レベルをスキャンしてみると、20レベルもありません・・・orz 他のチャンネルは50以上あるのに・・・

ちなみに、我が家のアンテナは、VHFのアンテナは2階の屋根についており、そこから各部屋に分配されているのですが、地デジのTVを購入した際、アンテナ工事をけちって、ベランダに、小さ目のUHFアンテナを取り付け、リビングのエアコンのパイプの取り付け穴の隙間から、テレビに直結しています。
他の部屋では今のところ、テレビは繋いでいないので、これで事足りていた訳です。

さて、あまり大掛かりなことをしなくても、なんとかならないものか・・・といろいろとネットでぐぐってみたところ、なんと、数日後の10月1日から、『TOKYO MX』の放送が、東京スカイツリーから開始されるとのことのリリースを発見しました♪
しかも、既に、試験放送が始まっているとのことでした♪ 東京タワーよりも遥かに高い、東京スカイツリーからの放送になるので、受信エリアが大幅に改善され、東京の西部地区(まさに我が家)の受信環境が改善されるとのことです♪
ただし、送信出力は東京タワーと同じ、3kWとのこと・・・大丈夫でしょうか?

来年2013年の3月31日迄は、東京タワーからの放送も平行して行われるそうで、それぞれ、電波の物理チャンネル(リモコンのチャンネルとは別物)は、東京タワーが20ch、東京スカイツリーが16chとのことです。
試験放送中は、自動に切り替わらないとのことなので、受信レベルのスキャンで、手動で、20chから16chに切り替えてみたところ、やや、レベルが強くなりましたが24レベル程度・・・まだまだ放送が見れるレベルには程遠い状態です^^;

試しに、アナログ時代に使っていた、古い室内用ブースター(30dB程度の利得)があったので、試しにつないでみると、受信レベルは34レベル迄上昇・・・ブロックノイズが入ったりするものの、ある程度放送が観れるレベル迄改善しました♪ ここまでくれば、もう一息?期待が高まります。

そういえば、以前紹介しましたが、昨年の台風の影響で、素子が折れてしまって、結構ボロボロな状態です。↓
antena-20121020-1.jpg

もう、型番も忘れてしまいましたが、ぐぐったら、分かりましたw
マスプロの、『LS5N』という製品でした。
感度は、6.3~9.5dBで、中電界地域用となっています。

これを、ちゃんとしたものに変えたら、受信レベルも良くなって、『TOKYO MX』も、ちゃんと映るようになるかも・・・
と思った私は、とある休日、電気屋さんで新しいアンテナを購入しました。
日本アンテナの『UDF80』という製品です。



こちらは、平面タイプで、すっきりとしていますが、感度は6.0~8.0dB・・・購入した時はわかりませんでしたが、今比較してみると、元のアンテナの方が感度が高いです^^;・・・嫌な予感がしますねw

購入した箱には、
antena-20121020-2.jpg

しっかり、強・中電界地区向けと書いてありました^^;

中のパーツは、こんな感じ↓
antena-20121020-3.jpg

右上の袋には、アンテナをポール等に取り付ける為の金具と、コネクタ部の防水カバー、右下は、室内で使う場合のスタンドです。 スタンドは、今回は使いません。

さて、さっそく交換してみることに・・・

続きを読む(うまく映ったの?)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

Androidタブレット「IdeaPad Tablet A1」エラー対処備忘録1 [電化製品]

さて、私がタブレット:レノボ・ジャパン「IdeaPad Tablet A1」を購入してから、まもなく1年になります。

インターネット接続は、Wi-Fiのみなので、購入当初は、自宅でのWebブラウジングやツイッターに使う程度だったのですが、モバイルネットワーカーへの道①モバイルネットワーカーへの道②でもご紹介したように、モバイルルーターを使い出してからは、自宅外でも活躍するようになっています。

で、使用頻度が高くなったこともあってか、最近立て続けに、エラーの多発というトラブルがあったので、その対応の備忘録を取ることにしました。

続きを読む(どんなエラーだったの?)


LEDシーリングライトを購入してみた♪ 果たして明るさは大丈夫か? [電化製品]

我が家のリビング(12畳)には、2つの照明があり、そのうち、ダイニング側は20Wタイプの直管蛍光灯3灯式なのですが、かなりくたびれた状態で、明るさ切替の紐も根本から切れてしまっており、切り替えもできない状態^^;、またここ数日、ちかちかとしだして、そろそろランプ交換の時期に・・・

そういえば、最近LEDシーリングライトも結構出回ってきており、中にはほどほどの値段のものもあります。

いい機会なので、この照明そのものを、LEDシーリングライトに交換してみることにしました♪

カインズホームで見つけたのが、こちら↓
LEDLIGHT-1.jpg


『LEDシーリング LC-37RI』で、特売で¥7,980でした♪
こちらで、ネット通販もできるようです^^

【特長】
・虫が寄りにくく、入りにくい。
・LEDだから電球交換不要で、メンテナンスフリー。
・使用時間約40000時間の長寿命。
・消費電力約37Wの省エネタイプ。
・3段階の明るさ調節機能。
・リモコン付き。
となっています。

元の蛍光灯が60Wとすると、2/3の電力消費ですね♪

開梱してみました。カバーがついてない状態はこんな感じです↓
LEDLIGHT-2.jpg

ライト部分は4つのパートに分かれており、1枚のパーツに、チップ部品が25個搭載されています。
4枚中2枚は、チップ抵抗が搭載されており、LEDは合計で98個搭載されていました。

続きを読む(うまく交換できた?)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - 電化製品 ブログトップ






Powered by Ayapon RSS! オススメ ホームページ制作 ウェブデザイン

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。